11/22(木)東京 女性のためのヨガ

2012.10.30 workshop/ event

社団法人 国際ホリスティックセラピー協会さん(東京・新宿)にて
女性のためのヨガ ワークショップを行います。

詳細 は こちら

12/07(金)京都 ヨガニードラWS

2012.10.30 workshop/ event

2012年最後の京都ワークショップです。
一般的なヨガの練習では、身体を使ったポーズ練習が主体ですが
ヨガニードラ(ヨガ的な眠り)では、より微細なレイヤーへ
自分の呼吸、精神、感情、原因体のレベルへと
総合的に整える練習を行います。

深い安らぎの状態にくつろぎ、
一年の疲れを癒しましょう。
京都の皆さんに会えることを楽しみにしています。
ヨガニードラWS

香り、味わい、見て、触れ、耳を澄ます

2012.10.09 diary

You are what you eat.
あなたは、あなたの食するものにより作られる。

という言葉がありますけど、アーユルヴェーダでは 
口にするものに限らず、
五感のすべてが触れる対象が
わたしたちに影響を与えるとしています。

朝から肌をしめつけるようなキツイ服や靴を履いて出かけたら
その日一日中 不快な感覚が続いたり、
光やBGMが強すぎる部屋にいて
なんだか落ち着かなく感じたことはあるでしょうか。

人は物質より微細なものの影響も受けています。

とくに季節の変わり目や、妊娠している時、
幼児期、高齢期、心が弱っている時などは、
暴力的な映画や、残酷な描写を含む内容の小説など 
合わないと思ったものは、調子が悪ければ無理せず避けましょう。

メンタルなものについても消化能力の強弱があります。
繊細な時期は、特に無理に頑張ろうとせず、自分を守りましょう。

ベトナム戦争にでかけた米軍兵士の死者数を
上回る数の帰還兵が これまでに自殺未遂を試みたと
ある本で読みました。

生まれたばかりの純粋な赤ちゃんの眼を見ていると
いくら大人になってマッチョになっても、
残酷さや非人道的な環境は、
人間の元来美しい心には耐えられないと思うのです。

アロマを手元に置いたりでも、
肌触りの良い 皮膚を外界から守ってくれる服装でも、
オイルマッサージをすることでも、
香り高いハーブティでうっとりすることも、
寝る前に部屋を煌煌とした灯りで照らさないことも、
朝一番と寝る前は悲惨なニュースを避けることも、
自然の中に行くことも、

ぜんぶ、わたしたちを作っています。

You are what you see, smell, eat, touch, and listen to.
あなたは、見るもの、香るもの、口にするもの、
触れるもの、耳を澄ますものによって作られる。

植物の種が、置かれた環境の温度、土質、雨量や光の加減などが
適していると、葉が色づき、美しい花を咲かせ、
その可能性を フルに発揮するように、

わたしたちも、五感を通じて受け取る
自然からの恵みが、調和的で適切であれば、
自分らしく、色濃く輝くことができます。

そうありますように! Tat asu tu!

女性のためのヨガリトリート感想 2

2012.10.08 blog

先月の「女性のための音楽とヨガと満月のリトリート」に参加してくれた
なおぢはるみちゃんから、感想をいただいたので紹介します。

・・・

海と山と動物と虫。
ヴィラの楽しくて温かな家族。
まるで子供同志みたいにすぐに仲良くなってくれた仲間。
身体に染み渡る滋養たっぷりの食事。
風と鳥の声と美しく共鳴する歌声とシタール。

全てが優しさに満ちていて、もう、リラックスするしかない環境でしたね。

香さんのヨガの時間は、今まで味わったことのない、気持ち良さ。
素直に、自分自身と向き合うことができました。
目を閉じて、耳を澄まして、呼吸の深さに感動しながら
アーサナをとる。静かな時間でしたね。

呑気な鳥の声に微笑み、心に花を活けて、女性であることを喜びました。
子宮にたっぷりと呼吸を入れて、緩めてあげることが
ちゃんと出来るようになりました。

ヨガがもっともっと好きになりました。
自分のことを、もっともっと愛してあげようと思いました。
私を生かしてくれ、許してくれ、愛してくれるみんなを、
もっともっと大切にしようと思いました。

憧れや夢を、ひょいっと叶えてしまおうと、決めました。
目を閉じると、大きな朝陽と海が見えるようになりました。
月が自分をうつす鏡みたいに思うようになりました。

何を綴っても、言いたいことは、シンプル。

ありがとう、愛しています。

リトリートから帰ってからの、お話。
毎日、自転車をとめている場所に、もう、目の前に、
彼岸花が咲いていることに気づきました。

伊豆で「へーこのお花、キレイね~」って、見たことないと言ってたけど、
彼岸花は、ちゃんと毎日、私の前で咲いていたんです。
見たことないんじゃなくて、私が、見てなかっただけ。
心に映してあげてなかっただけ。

伊豆にしかないものも、もちろんあるけど
日常に、もっといっぱい、気付けるもの、あるんだな。
香さんが、言ってた

自然は、誰にも公平
私たち自身も、自然

リトリートに参加して、本当に良かったです。
ヨガをしてて、本当に良かったなぁ!

はるみ
・・・
はるみちゃん、すてきな感想を、どうもありがとう。

いつも心こもった 最高のおもてなしをしてくれる
ヴィラ白浜さんのブログにもレポートUPして
いただきました 
ヴィラ白浜さん、リトリートじゃなくても、
ふつうに滞在することもできますので 
トランポリンでぽんぽんしたい人は是非!

こちら→

観光って「光を観る」って書くけど、
自然のきれいな所に 旅をして、その土地の 息を飲む様な
圧倒的な景色に触れた時、 
私たちは光=Light(神聖さ)を見て
自然からのやさしいギフトをもらっている。

日常に戻って、いつでも自分が思い出したい時には
たとえば、瞑想してる時や、ちょっと そうしたい気分の時なんかに
目を閉じたら、いつでも そこの美しい光が支えてくれる。