娘ちゃんのハーフバースデー

2017.01.30 as a mother

IMG_2744_sml

二人目は時間が過ぎるのが早いわよー 
なんて声をかけられていたものの
母との電話で娘ちゃんのハーフバースデー
(と最近は生後6ヶ月記念のことをいうのですよ)
に、ハッと気づくほど あっという間に一日一日が過ぎていきます。

生甘酒で「かんぱ〜い」をしただけで
オムツのアートとかやっていませんが

娘ちゃんはぷくぷく丸くなって
日に日に元気に成長していることが
ただありがたいです。

昨夜はホットミルクにギーを入れて、
カルダモンを振ったものを飲みましたが
私の産後疲労は否めず! 
オージャスを吸われています。。。

Top写真は高瀬媛子先生をお迎えしての
アーユルヴェーディック・ビューティ講座vol.1
終了後の写真  娘ちゃんニコニコの一枚
お手伝いに来てくれた麻衣子ちゃんが撮ってくれました。

講座の中ではギーを作ったり
キチャリ粥の試食をしたり。

ベサンの粉を使ったフェイスパックは
生蜂蜜やローズの粉などを使って
短い時間で肌が明るくしっとりしたのにビックリ。

あっという間に定員になってしまったのと
あまりに面白く 楽しい内容だったので
また今度 別テーマで企画を立てよう! 
と高瀬先生と話しています。

またこちらでお知らせしますね。

1/28(土)KHISONOIO?受注会

2017.01.16 blog

FH000009

1月28日(土)11:00-17:00に富士見ヶ丘の三灯舎にて
KHISONOIO?(キソノイオ)さんのオーダー受注会を開催します。

【ごあいさつ】

みなさん はじめまして。
この度、サントーシマ香先生のお声がけで
オーダー会をさせて頂く KHISONOIO?(キソノイオ)と申します。

KHISONOIO?
キソノイオと読みます。何で?ハテナマークが付いているの?と思いますよね。
KHISONOIO ? とは、英語での「 Who am I ?」という意味のイタリア語です。

「僕はいったい誰なんだろう? 僕はどうしてこの世に生まれてきたんだろう? 何が僕の出来ることだろう?」

作家の斎藤 徹が旅をする間、思い続けていた気持ちを自身の創作活動の名前「KHISONOIO ?」にしました。
世界のいろんな場所で過ごした後、料理人を経て、
幼い頃から親しみがあったミシンが自分を表現するツールかもしれない!! と思い KHISONOIO の活動を始めました。

95136726_o3

普段は主に鞄を作っていますが、
香さんとのご縁で三灯舎のカーテンやヨガで使うボルスターのカバーを作ることに携わらせてもらいました。

2人目のお子さんを出産された香さんに
「ママバッグを作ってもらえませんか?」とお話頂いたことがきっかけとなり、
三灯舎をお借りしてこぢんまりしたオーダー会をさせて頂く運びとなりました。

KHISONOIO の物作りは旅をすることがテーマでもあり、【 旅に持っていける 持って行きたくなる鞄 】
そして、【 持ってくださる方の日常にそっと寄り添える鞄 】をいつも考えています。

シンプルな作りで、
鞄のボディの色・ファァスナーカラー・ベルトのカラーリングを自分でお選び頂けます。

色を選んで頂けるだけではなく、
「ここにポケットを付けて欲しい !!」 などオプションも出来る限りご要望をお聞きしたいと思っております。
欲しかった鞄が頼めちゃう !? そんなオーダー会にしたいと考えています。

ご自身の普段使いのリュックや、お子さんが背負える小さな可愛らしいリュック、
お子さんと一緒にお出かけの時にとっても使い易いママトートバッグなどなど。

サンプルを見ながら「あれがいいかな? この色は合うかな?」
と楽しく迷いながら選んでいただける時間を過ごしていただけると嬉しいです。

オーダーのイメージを事前に膨らませたい方はぜひぜひ下記のページを参考になさってください。

KHISONOIO facebookページ
https://www.facebook.com/Khisonoio-235655349936960/?fref=ts

では、お会い出来ることを楽しみにしています。
寒い季節なので当日は温かい飲み物をご用意してお待ちしています。

KHISONOIO
斎藤 徹
堀口 まいこ

KHISONOIOサンプル画像IMG_2653

お子さん用のリュックも可愛いので、
楽しく家族で来てもらっても大丈夫です。

参加を希望される方は
「行きます!多分何時頃」と
メールや講座の時にお声がけしてもらえると嬉しいですし
当日ぶらりでも、もちろん大丈夫です。

開催会場:三灯舎

東京都杉並区高井戸西2ー9ー4
ARK HOUSE TD 202

・富士見ヶ丘駅より徒歩1分です。

・北口改札を降りるとみずほ銀行ATMが、右手を見るとドトールコーヒーがあります。
ドトール側に道を渡って、歯科医院との間の道を進んで30秒
左手に見える銀色のマンション2階(202号室)が会場です。