Sweet Magnolia

2018.04.22 blog

IMG_5666

今年のバンクーバーは例年より春の訪れがゆっくりなよう。

まだ寒さが残っているのですが、それでも時折訪れる日差し。
そして、桜があちこちで咲いています。
桜に加えて目を引くのが、大きなマグノリア(木蓮)の花々。

赤紫や白色の肉厚の花びらが、なんだか食べても美味しそうだなぁと
感じるのは、私だけでしょうか・・・

春の季節は、冬の間に溜め込んだカファのエネルギーを開放する時期。

子供らと音楽をかけてへなちょこダンスをしたり
友人と誘い合ってお散歩に出かけています。

ずっと同じ場所に座っていないで、体を動かしてみることが大切です。

夕飯の穀物を日本米の代わりにバスマティ米に変えてみたり
青菜を意識して食べること
おやつはお日様の出ている間に食べるように意識するなど

ゆる〜く 春のデトックスをしています。

そして、週明けには飛行機でブーンと、日本に帰ります!

Life is a miracle !

2018.04.22 blog

IMG_5508

「一日の体調を整える朝のヨガ」が
数日前に、ようやく手元にやってきました。

改めて紙になったものを読んでみると
自分の文章の拙さに、若干の恥ずかしさもありますが
それでも、今のこの年の自分が一生懸命つくった一つの作品として
満足 満足♡ しちゃおうと思います。

image1

友人が、青山ブックセンター本店の画像を送ってくれました。

なんと、自分の本が青山ブックセンターに並ぶとは・・・感動です!

一日の体調を整える 朝のヨガ

2018.03.16 blog

sml一日の体調を整える 朝のヨガ

一日の体調を整える 朝のヨガ
サントーシマ香 (著)
大和書房
2018/3/24発売予定

日本での講座のお知らせ

2018.03.15 diary

先週くらいから、春の息吹を感じるような暖かい日差し
気温も少しずつ上昇して、数日前は最高気温が17度にもなりました。

冬が厳しい季節である国のせいか
カナダの人たち、お天気のことをよく話題にします。

お天気がいいと、それだけで道を行き交う人も笑顔の確率高し。
私も思い込みや偏見を捨てて、
自分の方からにっこり「Hi!」とするようにしています。
カフェの外席に椅子を並べて日光浴している人たちもいて、のどかな光景です。

春分も近づき、暖かくなってきたので、
セサミオイルからひまわり油に変えてのオイルマッサージを
少し時間に余裕のある週末にしていたら
お話がどんどん出るようになってきた娘ちゃんが
「ママ〜、きてー」と起きてきて、抱きつく・・・ ああ、オイルまみれ。 
同じことを、上の息子ちゃんともやっていたなぁ、
なんていう幸せで、後始末が面倒くさいこともありますが
なんとかかんとか Life is going on 元気にやっています。

4月の下旬から開催される日本でのワークショップ、講座、イベントのお知らせです。

久しぶりに、こんなにたくさん講座ができるのかしら・・・
実を言うと、少々不安ではありますが
こちらでの生活やヨガを通じて
新たに感じたこと、知ったこと、伝えたいことを携えて帰ります。

ひろしまヨガピースは、宮島での開催となるので とっても気持ちが良いと思います。
はじめて福島に伺うのも楽しみ!

4月29日(日) ひろしまヨガピース
5月2日(水)ワークショップ
5月4日(金)ー6日(日) ヨガニードラセラピスト養成講座(東京)
5月11日(金)ー13日(日) ムーンサイクルヨガ指導者養成講座(東京)
5月19日(土)ワークショップ
5月9、16、23、30(水) 産後ヨガ講師養成講座(東京)
5月27日(日)ロータスヨガスタジオ(福島)
6月1日(金)ー3日(日)アーユルヴェーディック・ヨガセラピスト養成講座 前半(京都)
6月6日(水)ー8日(金)ヨガニードラセラピスト養成講座(大阪)
6月12日(火)ー14日(木)ムーンサイクルヨガ指導者養成講座(大阪)

雪が降りました

2018.02.20 blog

IMG_5149

少しずつ日が長くなってきて
そろそろ春の訪れも間近かなぁ
と思っていたのですが

ここに来てバンクーバーは積雪
天気予報を見ると、今週はもう何度か雪が降る日があるみたいです。

体感温度は氷点下で寒いのですけど
とってもきれいな景色が広がっています。

オリンピックはこちらのテレビだと
カナダの選手が活躍する種目ばかりで
ぜんぜん日本が応援できない、と思っていたのですが
男子フィギュアはローカルのTVでも放映されまして

子供達、興奮して画面の前でくるくる回る、踊る

親たち「テレビの前に来ないでー!」と叫びながら

しっかりばっちり見ることができました。

4年前のソチオリンピックの時は育児が始まったばかりで
やはり疲れていたのだけど

同じように羽生結弦選手の姿を見て
うるうると涙をにじませ
なんだか元気をもらったことを
懐かしく思い出したのでした。