2月のクラス

2017.01.26 schedule

寒さが厳しくなってきましたね。

今週土曜日はチャイニーズニューイヤー(春節)で
2月4日は立春です。 

ウン年ぶりにお財布を新調しよう!と思い立ち
立春に使い始めたいなぁ・・・と企んでおります。

なかなか買い物に行く時間もないのですが
そんな楽しみな気持ちを持つだけでワクワクします。

2月のクラスのお知らせです!

2月 2日(木)10:15-11:45 ムーンサイクルヨガ
  8日(水) 10:15-11:45 ムーンサイクルヨガ + 13:00-14:30 マタニティヨガ
  16日(木) 10:15-11:45  ムーンサイクルヨガ + 13:00-14:30 産後ヨガ
21日(火)10:15-11:45 ムーンサイクルヨガ

すでにメールでのお知らせを受け取った方からご予約をいただき
キャンセル待ちのクラスが多くなっています。

*2/3追記 ムーンサイクルヨガ、産後ヨガが全て満席となりました。
マタニティヨガのクラスとキャンセル待ちの予約を受け付けております。

まだ登録していない方はinfo@santosima.comまで
「メールのお知らせ希望」とお便りくださいね。
パソコンのメールの方が跳ね返ってくることが少ないようです。

Hello Anatomy! Vol.2 後屈への準備~腸腰筋~

2017.01.19 blog

昨年12月に引き続き、理学療法士のMaki先生をお迎えして
堅いイメージのある解剖学をやわらかくまるくつたえる解剖学WSです。

裏テーマは“女性の女性による女性のための解剖学。
女性の生殖器や骨盤底筋だけに特化する訳ではなく、
ヨガを通して統合的に学んでいきましょう☆

身体の仕組みを知ることによって、
その神秘性に気づき、いたわり思いやりをまずは自分の身体へ向けましょう。
その神秘性が相手の身体にもあることに気づくと、
自ずと思いやりや尊敬が生まれてきます。

その思いやりや尊敬のカタチは人それぞれ、
それをヨガの指導者であればヨガで、セラピストであればセラピーを通じて・・・

初心者の方でも、
ヨガの指導者でも、
ヨガ以外のセラピストでも、
そして、少しヨガやヨガ解剖学に疲れちゃった方も、
どなたにも楽しく学びを深めていただける内容です。

前回は梨状筋と前屈がテーマでしたが、
参加された生徒さんからは次のような感想をいただきました。

・・・

MAKI先生は本当に愛に溢れ知識が豊富な素晴らしい先生でした。
WSに参加し私には難しかったのですが
印象的だったことは梨状筋が重要なことでした。
午後からの前屈を深めるヨガクラスでは前屈のポーズが不思議なくらいグングン伸びすごいな〜と体験できました。
このような機会をつくって下さりありがとうございました。

・・・

MAKI 先生の解剖学
「ほぉ~ そうか~」と何度もなるほど。と頷きの連続でした。

梨状筋のことを掘り下げて学ばせてもらったおかげで、
自分の身体への理解が深まりました。

これまでコンプレックスという見方で捉えていた身体の部分を、
個性や自分のユニークさとして受け入れることを T T でも香さんの常日頃のクラスでも
身体を通して教わっているわけですが、その気持ちに更なる安心感がプラスアルファされました。

・・・

以下、講座内容になります。皆さまのご参加をお待ちしています。

・・・・・・・

Hello Anatomy! Vol.2 後屈への準備~腸腰筋~

ヨガのポーズの中で後屈が苦手という方も少なくでしょう。

腰痛を経験したことがある方にとっては痛みへの恐怖心に襲われるポーズですし、
実際に後屈のポーズで腰痛が出現したりする方もいるかと思います。

後屈が苦手=腰や背骨が固いという概念が強いのですが、
実は股関節の前面にある腸腰筋が大きく関わっています。
今回は、この腸腰筋にスポットを当てましょう。

後屈のポーズでの、この筋肉の働きを知り、
安全で快適な後屈への準備を整えていきましょう。

また、腸腰筋と女性特有の臓器との関係にも触れますので、
前回の梨状筋と今回の腸腰筋とが
関連が深いことへの気づきを深めていけたらと願っています。

・アンジャネーヤーサナ(三日月のポーズ)
・ヴィラバドラーサナⅠ(英雄のポーズ1)
・セツバンダーサナ(橋のポーズ)
・ダヌラーサナ(弓のポーズ)
・ウルドヴァダヌラーサナ(アーチのポーズ)
・ウシュトラーサナ(ラクダのポーズ)

最初の2時間は触診やポーズを交えながら理論を学びます。
午後からは理論を足しながら、1時間くらい流れで動いてみましょう。

講師: MAKI(理学療法士・Physiotherapist)

とき:2017年2月24日(金)前半:10:30-12:30 後半:13:30-15:30

ところ:スタジオ トゥルシー
東京都港区芝5-13-14 THE GATE MITA 7F
http://www.studio-tulsi.com/shopinfo

対象: 学びたい全ての方が対象となります。(赤ちゃん連れ若干名可)

料金: 10,800円(税込)

午前中だけ、または午後だけ参加したい方は一部につき6500円となります。
備考欄にその旨希望とお知らせください。
スペースの都合上、通しで申し込みの方優先とさせていただきます。

持ち物:ヨガマット(レンタルあり)、ヨガブロック1個、ヨガストラップ一本 
動きやすい服装、筆記用具

*教材として毎回こちらを利用します。
「プロが教える筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典 オールカラー」荒川裕志, 石井直方 著
2012年11月発売 / ナツメ社  ISBN:9784816353260

該当書籍をお持ちでない方は、当日までにご購入ください。
ご購入いただけない場合はコピーしたものを用意するので
申し込みのさいに備考欄にてお知らせください。
(コピー代実費を当日いただきます)

http://www.santosima.com/contact/ 
よりお申込みください。

講座・WS・クラス予約を選択し
Hello Anatomy!講座参加希望と備考欄に記入お願いします。
3日以内に折り返しご連絡させていただきます。

ご入金をいただくまでは仮予約となり、ご入金をいただいて本予約完了となります。
仮予約中は、後からお申込の方でも入金済みの方を優先させていただきます。
開催日6日前以降のキャンセルは返金できませんのであらかじめご了承下さい。

1/28(土)KHISONOIO?受注会

2017.01.16 blog

FH000009

1月28日(土)11:00-17:00に富士見ヶ丘の三灯舎にて
KHISONOIO?(キソノイオ)さんのオーダー受注会を開催します。

【ごあいさつ】

みなさん はじめまして。
この度、サントーシマ香先生のお声がけで
オーダー会をさせて頂く KHISONOIO?(キソノイオ)と申します。

KHISONOIO?
キソノイオと読みます。何で?ハテナマークが付いているの?と思いますよね。
KHISONOIO ? とは、英語での「 Who am I ?」という意味のイタリア語です。

「僕はいったい誰なんだろう? 僕はどうしてこの世に生まれてきたんだろう? 何が僕の出来ることだろう?」

作家の斎藤 徹が旅をする間、思い続けていた気持ちを自身の創作活動の名前「KHISONOIO ?」にしました。
世界のいろんな場所で過ごした後、料理人を経て、
幼い頃から親しみがあったミシンが自分を表現するツールかもしれない!! と思い KHISONOIO の活動を始めました。

95136726_o3

普段は主に鞄を作っていますが、
香さんとのご縁で三灯舎のカーテンやヨガで使うボルスターのカバーを作ることに携わらせてもらいました。

2人目のお子さんを出産された香さんに
「ママバッグを作ってもらえませんか?」とお話頂いたことがきっかけとなり、
三灯舎をお借りしてこぢんまりしたオーダー会をさせて頂く運びとなりました。

KHISONOIO の物作りは旅をすることがテーマでもあり、【 旅に持っていける 持って行きたくなる鞄 】
そして、【 持ってくださる方の日常にそっと寄り添える鞄 】をいつも考えています。

シンプルな作りで、
鞄のボディの色・ファァスナーカラー・ベルトのカラーリングを自分でお選び頂けます。

色を選んで頂けるだけではなく、
「ここにポケットを付けて欲しい !!」 などオプションも出来る限りご要望をお聞きしたいと思っております。
欲しかった鞄が頼めちゃう !? そんなオーダー会にしたいと考えています。

ご自身の普段使いのリュックや、お子さんが背負える小さな可愛らしいリュック、
お子さんと一緒にお出かけの時にとっても使い易いママトートバッグなどなど。

サンプルを見ながら「あれがいいかな? この色は合うかな?」
と楽しく迷いながら選んでいただける時間を過ごしていただけると嬉しいです。

オーダーのイメージを事前に膨らませたい方はぜひぜひ下記のページを参考になさってください。

KHISONOIO facebookページ
https://www.facebook.com/Khisonoio-235655349936960/?fref=ts

では、お会い出来ることを楽しみにしています。
寒い季節なので当日は温かい飲み物をご用意してお待ちしています。

KHISONOIO
斎藤 徹
堀口 まいこ

KHISONOIOサンプル画像IMG_2653

お子さん用のリュックも可愛いので、
楽しく家族で来てもらっても大丈夫です。

参加を希望される方は
「行きます!多分何時頃」と
メールや講座の時にお声がけしてもらえると嬉しいですし
当日ぶらりでも、もちろん大丈夫です。

開催会場:三灯舎

東京都杉並区高井戸西2ー9ー4
ARK HOUSE TD 202

・富士見ヶ丘駅より徒歩1分です。

・北口改札を降りるとみずほ銀行ATMが、右手を見るとドトールコーヒーがあります。
ドトール側に道を渡って、歯科医院との間の道を進んで30秒
左手に見える銀色のマンション2階(202号室)が会場です。

1月のクラスは冬休み中

2017.01.13 blog

shoseki

あけましておめでとうございます。

メールでのお知らせを希望されている方にはお伝えしたのですが
今月のクラスはお休みしています。

ヨガニードラなどの講座に加え、
出産前から進めていた書籍制作の撮影やら作業で(top写真)
これ以上予定を入れると無理をしてしまう・・・
睡眠も削れないし。

という、へなちょこな理由です。

楽しみにしてくださってる方、申し訳ありません。

Image-1

そういえば、少し前にYoginiにインタビューを掲載してもらいました。
娘ちゃんと一緒に三灯舎での撮影です。

自分がお世話になってきた先生についてお話ししたのだけど
その時はすぐに分からなかった教えが
時間が経った今だから、価値が感じられたり響いたりしています。

先生との出会いは、運や相性だと思うのだけど
恵まれていたなぁ、と振り返って今も強く感謝しています。

新年は「和顔愛語」をテーマに
明るく穏やかに過ごしたい!!

きれいな景色をみて、喜ばれるしごとをして、
大好きな人たちといい時間を過ごしたいなぁ。

良い一年になりますように。

12月のクラス・来年度の講座のお知らせ

2016.12.01 schedule

kaori_profile_asml

今日から師走。
寒さも忙しさも一層深まる、ヴァータ全開の季節となりました。

なかなか思うように自分のケアをする時間が取れないのですが
洗面所や寝室にセサミオイルを常備して
オイルを耳の穴や鼻腔に塗ったり、オイルうがいをしたり
寝る前に膝から下にオイルを塗ったりすることを心がけています。

気づいた時いつでも目を閉じて、
深呼吸をひとつとることも心を落ち着かせてくれます。

できないことを嘆く代わりに
できることを一つずつ 重ねていけたらと思っています。

・・・・・今月のクラスのお知らせです・・・・

12月 7日(水)10:15-11:45 ムーンサイクルヨガ @三灯舎(富士見ヶ丘)
  9日(金)10:30-12:00 マタニティヨガ @三灯舎(富士見ヶ丘)
  14日(水)10:15-11:45 ムーンサイクルヨガ @三灯舎(富士見ヶ丘) 満席
  15日(木)13:00-14:30 産後ヨガ @三灯舎(富士見ヶ丘)
19日(月)10:15-11:45 ムーンサイクルヨガ @三灯舎(富士見ヶ丘) 満席

・クラスフィー 2000円 マットレンタル300円となります。

・赤ちゃんと一緒にクラスをさせていただきます点 ご了承ください。

・参加ご希望の方はinfo@santosima.comまで
必ずお名前・連絡先・ご希望の日付をフルネームで明記下さい。

・・・・・・以下、来年度のワークショップ・講座の予定です・・・

ムーンサイクルヨガ WS
2017年1月18日(水)10:30〜12:30
https://www.yoga-gene.com/workshop/187950.html

2017年 ムーンサイクルヨガ指導者養成講座
月曜開催:2月6日、13日、20日
木曜開催:4月13日、20日、27日
<週末開催>
5月19日(金)〜21日(日)
6月30日(金)〜7月2日(日)
https://www.yoga-gene.com/workshop/163527.html

ヨガニードラ WS
2017年2月15日(水)10:30〜12:30
https://www.yoga-gene.com/workshop/188017.html#content

2017年 ヨガニードラセラピスト養成講座
金曜日コース:1月13、20、27日
3日連続:2月28日(火)〜3月2日(木)
3日連続:3月22日(水)〜24日(金)
金曜日コース:5月26、6月2、9日
https://www.yoga-gene.com/workshop/188037.html

RYT200
2017年4月ー7月 (平日:火曜日・水曜日開催)
https://www.yoga-gene.com/workshop/178796.html

京都開催 アーユルヴェーディック・ヨガセラピー講師養成講座
2017/3/10・11・12、6/16・17・18
http://ws.tamisa.jp/?pid=108007558

*2017年度の後半は講座開催がありません。
参加検討している方は、ご注意ください。

・・・・・・