What a beautiful world !

2017.11.02 blog

IMG_4506_sml

近場の植物園(Van Dusen Botanical Garden)へ行ってきました。

紅葉が素晴らしかったです!

空気がひんやりと冷たく 樹木の香り高く
落ち葉を踏みながら歩いて
深呼吸をたくさんしたくなりました。

バンクーバーは秋から春にかけて
雨が続くということなのだけど
たくさん降る雨の恵みで 
豊かな森林が支えられています。

雨降りの合間に訪れるお日様の明るさは
より貴重で ありがたく感じられて

雨が止んだから綺麗な夕焼けを見に行こう 

仕事を一休みして散歩しよう

地球って、なんて綺麗なところなの!

なんていう
いかにもヒッピーの人が口にするような台詞を
自分も心の中で呟きたくなってくるから不思議です・・・

ミサワホームさん THINK LIFE!

2017.11.02 media

interview_main40

ミサワホームさんのウェブサイト
暮らしを豊かにする、住まい実例のインタビュー記事
に取材してもらいました。

引っ越ししたばかりで
かなりスッキリした室内が写っています。

現在 私が住んでいるのは
リサイクル文化の盛んな国 カナダ。

Thrift Storeや週末のガレージセール
粗大ゴミの日などに 良さそうなものがあると
ついついもらってきてしまい
徐々にものが増えつつあります。

ぜんぶがぜんぶ という訳にはいきませんが
すべてを 安いからという理由で
大量生産の物、プラスティックのもので選んでしまうよりも

一緒に時を過ごすのであれば

古くて味のあるもの、木で作られたものに

そして経年変化が期待できるものに心惹かれます。

他にも作家の小川糸さん や 塗師の赤木明登さん 
月窓寺の小池龍之介さん などのインタビューも掲載されていて
読み応えのあるページですよ。

受けとること

2017.10.21 as a mother

IMG_4374

どうなんでしょう この毎日のザアザア降り

と長いことバンクーバーに住む人を
捕まえては尋ねてみたくなるくらい
こちらの天気予報は毎日雨、雨、雨。

それも小雨ではなくて 割としっかりした、嵐のような雨です。

朝登園する時にはバブちゃんをベビーカーに乗せて
レインカバーをしっかりかけ
お兄ちゃんは足元まで覆うレインコート、長靴に傘のフル装備。

園までは歩いていける距離で
そこまで時間はかからないはずなのですが

4歳の男の子に雨の日を掛け合わせると
やたらと 前進するのに時間がかかります。

傘を両手で持って 一歩一歩慎重に歩いてみたり
「おかーさーん、うふふ 雨飲んでるの」
と嬉しそうに空を見上げて口をアーンとしたり
水たまりがあったら じゃぶじゃぶです。

忍耐 という文字が頭に浮かび 数秒後 消えます。

「ゆうちゃん、雨に濡れたら 風邪ひいちゃって
風邪ひいたら しばらくアイスクリームが食べられなくっちゃうよ
それでもいいの?」

と、きっと発達心理学的には正しくないであろう
脅迫するような言語を使い

早く、早く と急かしてしまいます。

今朝は 時間がギリギリに。
髪の毛はヘアバンドでおでこを出したまま
顔は水で洗っただけ、という姿で登園した私を見て

園長先生が

「おはよう、調子はどう? 」

「今朝いっぱいいっぱいで・・・
全然 時間がなかったの」

と答えると 

先生、おもむろにクッキーの箱を持ってきて

「食べる?」

「コーヒー飲む?紅茶がいい?牛乳は?」

と温かいコーヒーを持ってきてくれました。

いちごジャムが乗った甘いクッキーと
苦くて熱いコーヒーは とても美味しくて
何かが自分の中で溶けていくようでした。

やっぱり雨が強く降り続く中
ベビーカーを押してお家に戻る途中

日本でお世話になっていた保育園でも
雨の日には 玄関に 雨で濡れた体を乾かすように
きれいなタオルをカゴに沢山積んで
用意してくれていたことを

先生たちの優しくて強い笑顔に
幾度も助けられたことを
懐かしく思い出しました。

師走に会いましょう(2017.11.08更新)

2017.10.19 schedule

sml_K4A7986

時間を見つけてヨガや瞑想の練習をすることが
自分の正気(sanity)を保つのに役立っているなぁと
感じることが、ここ数年多いのです。

外的な過酷さ、
過酷さっていうと強い表現かもしれないけれど

のほほんとしていられない時
気を張らないといけない状況が続く時
それまでのやり方が通用しない時

そんな時こそ

内側への建設的なアプローチや
ぐっと深く潜ること
呼吸とともに、思いやりの心を育むことが
役立つように感じます。

すごく悲しい時や 辛い時って
(本当は幸せな時もそうなのだけど)

同じような体験をしている世界中にいる無数の人と
個の枠を超えて
つながることができるそうです。

起きている出来事によって
自分を全体から切り離す代わりに
その共通項を抱えた 
会ったこともない
名前も知らない多くの人と
過去も今も未来も 
必ず存在した 同じような体験をした人たちと

時空を超えて
共通して持っている言葉にならない気持ちに
心を寄せ合う、傷み合うことができるチャンスです。

その大変さの中で できるならば
深く呼吸を取ってみたり
自分や目の前にいる誰かに 
思いやりの気持ちを
そんなタフな時にこそ向けてみたり
垣間見える美しい瞬間を見ることができるようだったら
それは 本当に 価値のあることです。

世界平和とか声高に唱えることよりも
もっと 本質的な意味で
自分に課された世界の1ピースをピースにしていくことは
世界を良い方向に変えていくことなのかもしれない、と思います。
       
とはいえ、無理はしないで。
できることを一所懸命やっている
自分のことも周りのことも認めてあげて

のんびり やりましょう〜

私なんぞ、チョコレートチップクッキーを片手に
このブログを書いております!! 

美味しい♡

        ・

はぁ、前置きが真面目に長くなってしまいましたが

師走はまるっと日本に帰っていますので
あちこちでクラスや講座をします。

年末の忙しい時期ではありますが
ご都合合うようでしたら一緒にヨガをしましょう。

美味しいお土産を持って帰りますね!

京都 Yoga Studio TAMISA
12/9(土)10:00-12:00「日常の中で役立つ瞑想ワークショップ Vol.1
12/10 (日) 9:30-12:00「アーユルヴェーディック・ヨガセラピー オープンWS

*2017.10.26 ワークショップ会場を変更したので、募集再開しています。

東京 
12/12 (火) 10:30 – 12:00 産後ヨガ(子連れウェルカム+見守りボランティア募集中)
12/16(土)15:30 – 17:00 ムーンサイクルヨガ
12/23 (土) 10:00 – 12:00 日常に役立つ瞑想についてWS Vol.3

東京での産後クラスへの申し込みは
お名前、電話番号を記入の上
こちらのメールアドレスまで:
他のクラスや講座は現在キャンセル待ちで名前を伺っております。

また、オハナスマイルさんでのヨガニードラセラピスト養成講座は
早々とキャンセル待ちになってしまったので
追加開催が決まりました。
追加開催分も満席となりました。

          ・ 

fail, fail again, fail better

2017.10.07 diary

wreckbeach

やることは相変わらず 
たくさーんあるのだけど
どんな隙間時間を使っても
本を読む時間は死守するのが
本好きの星の元に生まれたものの宿命。

とはいえ、こちらに引っ越しするときに
たくさん本を寄付したり
生徒さんに差し上げたりしたので

そして、これからも引っ越しするときに

本=質量のあるもの=持ち運びが限定される

というテーマは
私が昔ながらの紙製の本を愛している限り
しばらく続くわけで

仕事にも必要だし! 
という理由で際限なく買うのはやめて

まず図書館で借りよう
という非常に賢明で堅実な流れに
旦那さんが静かに微笑みを浮かべそうな流れに
(今のところ)なっているのです。

タイトルの
“fail, fail again, fail better”
はサミュエル・ベケットさんという劇作家・小説家の言葉。

これをタイトルに冠したペマ・チョドロンさんの本が
最近読んで良かった本です。

世の中には、こんな風にしたら成功するよ!とか
もっと早くできるよ!という元気いっぱいの本も
出回っていますが
この本はそっちの方向の本ではなくって

生きていると 悲しみや失望、挫折が
次から次に形を変えて
やってくることもある

いろいろ思うようにいかないことも起きる
現実の生活、LIFE の中で

主に気づき、瞑想、そしてユーモアを携え
自分の内側に知的に働きかけることで

どうやったら、より翻弄されなくなるか
少しずつ、前より
うまく”失敗する”ことができるようになるか
やさしく教えてくれるものです。

年をとるに従って、生き方が顔に滲み出てくるもの。

ペマさん、精神世界の人というような位置づけよりも
北米では「暮らしに活かす仏教の知恵」を伝えてくれるので
ベストセラーも多く、幅広いファンがいる方。
もう茶目っ気たっぷりのいいお顔してるのです。

ずーっと聖人みたいな感じでいる先生もいいけど
離婚してたり 
子育てで後悔していることがあったり

運転中に孫に話しかけられると
「生きて目的地にたどり着きたかったら、黙ってて!」
なんて怒鳴り返すことがある、
と講話の中で告白しているペマさん。

いろいろなLIFEを
自分に与えられたLIFEを
少しずつうまく失敗しながら
生きていけるようになるのって
いいことだなぁ、と思います。