産後の過ごし方について

2019.04.10 as a mother

_MG_0714 copy

春になったからか、妊娠や出産のお知らせをたくさんいただいています。

ほんとうに、おめでとうございます。

どんなお産になるか、産後の過ごし方は人それぞれで
私たち一人ひとりが好きなもの、苦手なものが異なるように
赤ちゃんがやってくるときにも、いろいろな選択肢があります。

妊娠中・産後のオススメの過ごし方はありますか?
という質問をいただくことがあるので
以前もブログに書いたのかもしれないのだけど
もう一回、いくつか、自分がやってみて良かったことを書いてみます。

・・・

まず、おすすめしたいことが、妊娠中から住んでいる地域で活用できる
産後ヘルプに何があるかを調べておくことです。

“It takes a village to raise a child”というアフリカのことわざがあるくらい
一人の子供が育っていくには、多くの人の関わりが必要となります。

一人か二人の養育者とアタッチメント
(愛着関係、近くにいると安心する人、大好きな安全基地)を築くことは、
その後の発達においてかけがえのない価値を持つことがわかっていますが
養育者であるご自身が、安心して赤ちゃんと関われるような環境を
前向きに準備しておくことです。

あとで笑いとばせることだったら、それで良いのですが
不眠不休での育児は、心身が消耗するものです。

たくさんの悲しいニュースが続いた後
多くの自治体が産後サポートの大切さを認識しており
そのために予算を組んで、ケアを提供しています。

「自分の住んでいる自治体の名前」 「産後ケア」
などのキーワードで検索してみてください。

産前・産後支援ヘルパーの利用は事前申し込みが必要だったり
一番大変な産後数ヶ月に利用期間を限定しているところも多いです。
限界まで自分一人で頑張ってから助けを求めずに
保険をかけるつもりで、時間に余裕のある妊娠期間中に
申し込みまで済ませておくと良いかもしれません。

私自身も、上の子が生まれた後に週に数回産後ヘルパーの方に来てもらい
掃除や洗濯、食材の買い出しや調理をお願いしました。
赤ちゃんと二人きりで日中自宅にいる時に
研修を受けた、明るくてテキパキしたヘルパーの女性が来てくれて
ちょっとおしゃべりしたり、ねぎらってくれたり。

人が入るということで、自分も少しは身だしなみを整えたり
部屋の中を軽く整頓したりとメリハリもついて
とってもありがたかったです。

他にも赤ちゃんのこと、自分のことで困ったら
スマホでぐるぐる検索することも良いのですが
地域の保健センターに電話してみると個々のケースに対応してくれます。

他には、食材の宅配サービスに申し込んだり
近所にある赤ちゃんと参加できるサークルなどを調べること
昔ながらの里帰りや、親に手伝いに来てもらったり
パートナーが育休取ることなども。

キッズラインも、産褥シッター・ヘルパーサービスを始めました。

1歳児からの利用、そして地域も制限があるのですが
NPO法人フローレンス障害児向け自宅でのマンツーマン保育も提供しています。

自分以外の人やケアも利用しながら、子育てしていきましょう〜!

・・・

また、母乳で育てている人は、毎日自分の体をくし削って
優先的に栄養を赤ちゃんに与えているようなものなので
ちゃんとご飯を食べることも大切なことです。
意識的に、たんぱく質、脂質、ミネラル、ビタミンを食べましょう。

サプリメントを利用したり、養命酒や漢方
フェンネルやネトルなどのハーブ・ティー
ゴマやアーモンドなどの種子・ナッツ類
骨つき肉を煮込んだスープや海藻たっぷりの味噌汁など…
ダイエットよりも、この時期は良質の栄養素を頂きましょう。

・・・

なぜか日本では「産後」というキーワードには「骨盤」がもれなく付いてきますが
悪露が出終わったら、腹横筋・骨盤底筋のエクササイズをしてみるのも良いかもしれません。

妊娠期間中に骨盤ベルトも購入したのですが、
私の場合はトラブルがなかったので、ほとんど使わずじまいでした。

・・・

はー、なんだか知ったかして書いちゃいましたが、
本当に一個人の意見なので、参考までに。

上の子が生まれた5年前にはベランダで外を眺めながら
『「乳児院」って検索したら何が出てくるかしら・・・』
と、考えたことがあるくらい、私も戸惑いながらやってきました。

赤ちゃんは愛そのもので、幸せが溢れる瞬間もたくさんあるのだけど
同時に、永遠に変わってしまった自分の人生
終わらない責任が押し寄せてくることに、真面目に途方にくれていました。

今でも、ちょうどいいバランスを見つけられたらなぁと思って試行錯誤しては
旦那さんに負担をかけすぎて険悪になったり、
また調節してみんなで笑顔でいる時間が戻ったり
なんでもそうなのかもしれないけど、絶対的な正解はなくて
失敗したりうまくいったりを繰り返してゼーゼーしながらやっています。

ものごとの受け取り方、感じ方はそれぞれだけど
周りの人に話を聞いてもらったり、
ときどき自分にご褒美をあげたり、気晴らししながら

どんどん変わっていって、いつかは自由に旅立ってしまう
赤ちゃんとの関わりを、後で悔やむことなく育んでいけますよう。

長くなりましたが、応援しています!

最後にPR:
自分の実体験からヨガの練習や暮らしのヒントについてお伝えしています。
こちらの本も良かったら参考にしてみてください。

978-4-471-03248-7_T
DVD付 マタニティから産後まで使える おうちヨガプログラム

ふりかけ事件

2018.05.17 as a mother

どのお家も、日々のご飯にかけられる
予算、手に入る食材、好き嫌いや、アレルギーがあって
食事をつくる人は、そういった条件を考慮しながら
手持ちの時間の中で、工夫してご飯を作っていると思います。

旦那さん 子供1(ほぼ5歳) 子供2(ほぼ2歳)+ 私
のメンバーで構成される我が家もそうなのですが
最近私の呼吸が浅くなることをブログに書いてもいいですか。

私がつくったおかずでご飯を食べた後
おもむろ に*ふりかけ* を取り出す旦那氏

「ふりかけ! ふりかけ!」とコールし始める 子供ら

それは それは 嬉しそうに食べるのですよ・・・!

別に特別な ふりかけではなくてね
バンクーバーの日本食スーパーで買ってきた
普通の「のりたま」的な ふりかけ ですよ。

この光景に、私は毎回 イラり! とします。

私以外の家族が皆 とても美味しそうに ふりかけご飯を食べている。

まあ主菜や副菜も 食べてるし
私の イラり! 以外に問題は起きていない、
といえば起きていないのだけど

でも、私の頭の中には
せっかくつくったおかずで「美味しい〜」と満足して食べて欲しい
っていう設定があるのですね。

それが、このイラり!を起こしている元凶であることを認めます。

本当は、別に悪いことが起きているわけではない。

ということに、まあ 気づきますけど
やはり ちょっと がっかりする心もあって
ため息とともに Let Goしています。

みんながのびのびしていて 
自分の好きなようにできていることや

こんな小さなことでイラり! となるくらい
ベースが問題ないことは
きっと それも 幸せなことですね。

ただいま!

2017.12.06 as a mother

IMG_4340

日本に一時帰国で帰ってきました。

食べ物が美味しいー
道がきれいー
トイレの便座が温かいー
お風呂が深いー
おせんべいの種類が多いー

と、久しぶりの日本の良さに
いちいち感動しているところです!

帰りの飛行機は、
子供を二人連れての大人一人旅。

どうなることかと思いましたが
たくさんのオヤツ、そして普段あまり飲まないジュース。

機内エンターティメントでアニメも楽しんだ子供たち。

思っていたよりもフィーバーしないで
羽田空港に到着することができました。

お友達に教えて貰ったANAのエアポートサポートも利用して
両親が迎えにきてくれるところまで
係員の方が補助で付き添ってくれるという有り難さ。
(事前予約要)

実家のコタツという聖地に首まで入って
「いいわ〜」とつぶやいております。

受けとること

2017.10.21 as a mother

IMG_4374

どうなんでしょう この毎日のザアザア降り

と長いことバンクーバーに住む人を
捕まえては尋ねてみたくなるくらい
こちらの天気予報は毎日雨、雨、雨。

それも小雨ではなくて 割としっかりした、嵐のような雨です。

朝登園する時にはバブちゃんをベビーカーに乗せて
レインカバーをしっかりかけ
お兄ちゃんは足元まで覆うレインコート、長靴に傘のフル装備。

園までは歩いていける距離で
そこまで時間はかからないはずなのですが

4歳の男の子に雨の日を掛け合わせると
やたらと 前進するのに時間がかかります。

傘を両手で持って 一歩一歩慎重に歩いてみたり
「おかーさーん、うふふ 雨飲んでるの」
と嬉しそうに空を見上げて口をアーンとしたり
水たまりがあったら じゃぶじゃぶです。

忍耐 という文字が頭に浮かび 数秒後 消えます。

「ゆうちゃん、雨に濡れたら 風邪ひいちゃって
風邪ひいたら しばらくアイスクリームが食べられなくっちゃうよ
それでもいいの?」

と、きっと発達心理学的には正しくないであろう
脅迫するような言語を使い

早く、早く と急かしてしまいます。

今朝は 時間がギリギリに。
髪の毛はヘアバンドでおでこを出したまま
顔は水で洗っただけ、という姿で登園した私を見て

園長先生が

「おはよう、調子はどう? 」

「今朝いっぱいいっぱいで・・・
全然 時間がなかったの」

と答えると 

先生、おもむろにクッキーの箱を持ってきて

「食べる?」

「コーヒー飲む?紅茶がいい?牛乳は?」

と温かいコーヒーを持ってきてくれました。

いちごジャムが乗った甘いクッキーと
苦くて熱いコーヒーは とても美味しくて
何かが自分の中で溶けていくようでした。

やっぱり雨が強く降り続く中
ベビーカーを押してお家に戻る途中

日本でお世話になっていた保育園でも
雨の日には 玄関に 雨で濡れた体を乾かすように
きれいなタオルをカゴに沢山積んで
用意してくれていたことを

先生たちの優しくて強い笑顔に
幾度も助けられたことを
懐かしく思い出しました。

娘ちゃんのハーフバースデー

2017.01.30 as a mother

IMG_2744_sml

二人目は時間が過ぎるのが早いわよー 
なんて声をかけられていたものの
母との電話で娘ちゃんのハーフバースデー
(と最近は生後6ヶ月記念のことをいうのですよ)
に、ハッと気づくほど あっという間に一日一日が過ぎていきます。

生甘酒で「かんぱ〜い」をしただけで
オムツのアートとかやっていませんが

娘ちゃんはぷくぷく丸くなって
日に日に元気に成長していることが
ただありがたいです。

昨夜はホットミルクにギーを入れて、
カルダモンを振ったものを飲みましたが
私の産後疲労は否めず! 
オージャスを吸われています。。。

Top写真は高瀬媛子先生をお迎えしての
アーユルヴェーディック・ビューティ講座vol.1
終了後の写真  娘ちゃんニコニコの一枚
お手伝いに来てくれた麻衣子ちゃんが撮ってくれました。

講座の中ではギーを作ったり
キチャリ粥の試食をしたり。

ベサンの粉を使ったフェイスパックは
生蜂蜜やローズの粉などを使って
短い時間で肌が明るくしっとりしたのにビックリ。

あっという間に定員になってしまったのと
あまりに面白く 楽しい内容だったので
また今度 別テーマで企画を立てよう! 
と高瀬先生と話しています。

またこちらでお知らせしますね。