日本での講座のお知らせ

2018.03.15 diary

先週くらいから、春の息吹を感じるような暖かい日差し
気温も少しずつ上昇して、数日前は最高気温が17度にもなりました。

冬が厳しい季節である国のせいか
カナダの人たち、お天気のことをよく話題にします。

お天気がいいと、それだけで道を行き交う人も笑顔の確率高し。
私も思い込みや偏見を捨てて、
自分の方からにっこり「Hi!」とするようにしています。
カフェの外席に椅子を並べて日光浴している人たちもいて、のどかな光景です。

春分も近づき、暖かくなってきたので、
セサミオイルからひまわり油に変えてのオイルマッサージを
少し時間に余裕のある週末にしていたら
お話がどんどん出るようになってきた娘ちゃんが
「ママ〜、きてー」と起きてきて、抱きつく・・・ ああ、オイルまみれ。 
同じことを、上の息子ちゃんともやっていたなぁ、
なんていう幸せで、後始末が面倒くさいこともありますが
なんとかかんとか Life is going on 元気にやっています。

4月の下旬から開催される日本でのワークショップ、講座、イベントのお知らせです。

久しぶりに、こんなにたくさん講座ができるのかしら・・・
実を言うと、少々不安ではありますが
こちらでの生活やヨガを通じて
新たに感じたこと、知ったこと、伝えたいことを携えて帰ります。

ひろしまヨガピースは、宮島での開催となるので とっても気持ちが良いと思います。
はじめて福島に伺うのも楽しみ!

4月29日(日) ひろしまヨガピース
5月2日(水)ワークショップ
5月4日(金)ー6日(日) ヨガニードラセラピスト養成講座(東京)
5月11日(金)ー13日(日) ムーンサイクルヨガ指導者養成講座(東京)
5月19日(土)ワークショップ
5月9、16、23、30(水) 産後ヨガ講師養成講座(東京)
5月27日(日)ロータスヨガスタジオ(福島)
6月1日(金)ー3日(日)アーユルヴェーディック・ヨガセラピスト養成講座 前半(京都)
6月6日(水)ー8日(金)ヨガニードラセラピスト養成講座(大阪)
6月12日(火)ー14日(木)ムーンサイクルヨガ指導者養成講座(大阪)

雪が降りました

2018.02.20 blog

IMG_5149

少しずつ日が長くなってきて
そろそろ春の訪れも間近かなぁ
と思っていたのですが

ここに来てバンクーバーは積雪
天気予報を見ると、今週はもう何度か雪が降る日があるみたいです。

体感温度は氷点下で寒いのですけど
とってもきれいな景色が広がっています。

オリンピックはこちらのテレビだと
カナダの選手が活躍する種目ばかりで
ぜんぜん日本が応援できない、と思っていたのですが
男子フィギュアはローカルのTVでも放映されまして

子供達、興奮して画面の前でくるくる回る、踊る

親たち「テレビの前に来ないでー!」と叫びながら

しっかりばっちり見ることができました。

4年前のソチオリンピックの時は育児が始まったばかりで
やはり疲れていたのだけど

同じように羽生結弦選手の姿を見て
うるうると涙をにじませ
なんだか元気をもらったことを
懐かしく思い出したのでした。

あけましておめでとうございます

2018.01.02 blog

IMG_4911

例年元旦の朝は初詣に行くのですが
今年は心の中に鳥居を思い描き祈念しました。

新しい一年が平和で穏やかな時間でありますように。
自身や周りの大切な人たちと
ぼちぼち仲良く過ごせますように!

レインクーバーと言われるほど
冬は雨の多いバンクーバーですが
元旦は見事な晴れ。

時差ぼけで親たちは朦朧としていたのですが

日差しを浴びないと、、、
体力を発散させないと、、、

と、子供達を連れて海岸に出かけると
同じように散歩を楽しみに来た人たち(+ワンチャン)
で、たいそう賑わっていました。

寒いのに、水着に着替えて
海に飛び込む若者のグループもいて
見ている人たちの笑顔を誘っていました。

帰宅後、日本から買ってきた餅をフライパンで焼いて
チビちゃんがお昼寝している間に
磯辺焼きと黄な粉餅をつくりました。

4歳のゆうちゃんは、たくさんお餅を食べて
お皿に残った黄な粉をペロペロ舐めては
お父さんに注意されていました。

私も同じことやっていたな、、、美味しいんだよね。

日本での滞在は、家族やスタッフはじめ
本当にたくさんの方々にお世話になりました。

おかげさま という言葉と
ありがとう という言葉が
表裏一体の意味であることを知りました。

今年がどのような一年になるかを
まだ今の私は知らないけれど

表と裏を必要に応じて行き来しながら
人生が差し出してくれる
めくるめく美しさを
楽しんでいきたいと願っています。

このブログにたどり着いてくれた皆さまにとっても
心明るい一年となりますように。

ただいま!

2017.12.06 as a mother

IMG_4340

日本に一時帰国で帰ってきました。

食べ物が美味しいー
道がきれいー
トイレの便座が温かいー
お風呂が深いー
おせんべいの種類が多いー

と、久しぶりの日本の良さに
いちいち感動しているところです!

帰りの飛行機は、
子供を二人連れての大人一人旅。

どうなることかと思いましたが
たくさんのオヤツ、そして普段あまり飲まないジュース。

機内エンターティメントでアニメも楽しんだ子供たち。

思っていたよりもフィーバーしないで
羽田空港に到着することができました。

お友達に教えて貰ったANAのエアポートサポートも利用して
両親が迎えにきてくれるところまで
係員の方が補助で付き添ってくれるという有り難さ。
(事前予約要)

実家のコタツという聖地に首まで入って
「いいわ〜」とつぶやいております。

受けとること

2017.10.21 as a mother

IMG_4374

どうなんでしょう この毎日のザアザア降り

と長いことバンクーバーに住む人を
捕まえては尋ねてみたくなるくらい
こちらの天気予報は毎日雨、雨、雨。

それも小雨ではなくて 割としっかりした、嵐のような雨です。

朝登園する時にはバブちゃんをベビーカーに乗せて
レインカバーをしっかりかけ
お兄ちゃんは足元まで覆うレインコート、長靴に傘のフル装備。

園までは歩いていける距離で
そこまで時間はかからないはずなのですが

4歳の男の子に雨の日を掛け合わせると
やたらと 前進するのに時間がかかります。

傘を両手で持って 一歩一歩慎重に歩いてみたり
「おかーさーん、うふふ 雨飲んでるの」
と嬉しそうに空を見上げて口をアーンとしたり
水たまりがあったら じゃぶじゃぶです。

忍耐 という文字が頭に浮かび 数秒後 消えます。

「ゆうちゃん、雨に濡れたら 風邪ひいちゃって
風邪ひいたら しばらくアイスクリームが食べられなくっちゃうよ
それでもいいの?」

と、きっと発達心理学的には正しくないであろう
脅迫するような言語を使い

早く、早く と急かしてしまいます。

今朝は 時間がギリギリに。
髪の毛はヘアバンドでおでこを出したまま
顔は水で洗っただけ、という姿で登園した私を見て

園長先生が

「おはよう、調子はどう? 」

「今朝いっぱいいっぱいで・・・
全然 時間がなかったの」

と答えると 

先生、おもむろにクッキーの箱を持ってきて

「食べる?」

「コーヒー飲む?紅茶がいい?牛乳は?」

と温かいコーヒーを持ってきてくれました。

いちごジャムが乗った甘いクッキーと
苦くて熱いコーヒーは とても美味しくて
何かが自分の中で溶けていくようでした。

やっぱり雨が強く降り続く中
ベビーカーを押してお家に戻る途中

日本でお世話になっていた保育園でも
雨の日には 玄関に 雨で濡れた体を乾かすように
きれいなタオルをカゴに沢山積んで
用意してくれていたことを

先生たちの優しくて強い笑顔に
幾度も助けられたことを
懐かしく思い出しました。