引っ越しについて

2017.02.12 diary

FullSizeRender

すでにご存知の方もいるかと思うのですが
今年の夏に海外に引っ越しすることになりました。

家族の事情によるものなので、
帰国時期も未定なのですが

時代はもはや2017年!

飛行機やインターネットで繋がっていますし
定期的に戻ってきて
日本での活動を続けていきたいな、と思っています。

心残りはオープンしたばかりの美しいスタジオのこと
駅から徒歩1分 多摩産の木材フローリング
ボルスター14個 Mandukaヨガマット7本などなど
IMG_2780

できれば設備をそのまま残して
志ある方にヨガスタジオとして使っていただけたら・・・

もし興味がある人がいたら 詳しくお話させていただくので
お知らせください。

2016 / 10クラス スケジュール

2016.10.03 diary

来月より再開するクラスのお知らせです

10月 21日(金)10:15-11:45 女性のためのヨガ
  24日(月)13:00-14:30 マタニティヨガ
  27日(木)13:00-14:30 産後ヨガ・赤ちゃんと一緒に参加ください
28日(金)10:15-11:45 女性のためのヨガ

産後ヨガとマタニティは富士見ヶ丘の三灯舎にて

クラス代:2000円
レンタルマット:マタニティと産後は無料
女性のためのヨガは200円当日お支払いください。

女性のためのヨガは前回キャンセル待ちが多かったため
吉祥寺のスタジオを借りての開催となります。
(申し込みいただいた方に詳細お伝えしますね!)

参加ご希望の方はinfo@santosima.comまで
希望のクラス・お名前・連絡先・初めて参加の方は簡単な自己紹介と共にお知らせください。

産休のお知らせ

2016.07.19 blog

image

予定日まであと一週間、というところまで来て
ソファーの上で本を読みながらウトウト寝落ちをしたり
着なくなった衣服を整理して過ごしています。

振り返ってみると、あっという間に過ぎた
二度目の妊娠期間でした。

もっと若いころの自分は
子どもが生まれたら自分の自由は制限されて
母親の役割に閉じ込められてしまうのが
怖かったようです。
好きなように過ごすことこそ
自由なのだと思っていました。

実際に飛び込んでみると、
自由や幸せって自分の記憶や考え方次第で
自在に姿形を変えるもので

子どもは信じられないくらい可愛いし
思うようにならない時間にムーっ!となるのも含めて
自分があらゆる形で受け取ってきた無償の愛に
気づくレッスンなのかなと思います。

それでも、ひたすら眠いし、
自分を被害者だと思い込んで
しょうもなくイライラすることもある。
あそこも こちらも痛いし
女性ホルモンの値は最低。

満身創痍という四字熟語は
きっと 産後女性のためにあるに違いない!

そういった状況に突入するかもしれないため
しばらくパソコンやスマホをいじらず
神経を休ませて過ごそうと思っています。

いただくメールの返信など
かなり滞ってしまうことを
お許しください。

今後の講師養成講座などのお知らせを希望する方は

ヨガジェネレーションさん
info〇yoga-gene.comまで
〇を@に変えて 「サントーシマ香の講座情報希望」と
連絡ください。

こんなことを学びたい、などの
リクエストもお待ちしています!

今朝はパイナップルを食べました。
これから安産のお灸に行って検診です。

母子ともに安全なお産ができるように、
お祈りしてるよー♡と
メッセージくれた友人・生徒の皆さま
どんなプレゼントよりも嬉しいです。
ありがとうー!

すべての子どもが健やかに産まれ
愛に満ちた環境で育ちますように。

臨月に入りました

2016.06.28 as a mother

ringetsu

先週プレオープンした三灯舎でのクラスも
マタニティヨガや
夏のピッタを整えるアーユルヴェーダとヨガのWSで一区切り

あとは赤ちゃん誕生に向けて
内外の環境を整えていく時間に入りました。

プレオープン中には
たくさんの方々に参加いただき
ありがとうございました。

少人数制・先着順であったために
複数の希望を送っていただいたにも関わらず
お断りせざるを得なかった方には
残念な思いをさせてしまい
たいへん申し訳ありませんでした。

また秋の深まったころに、
赤ちゃんと自分の様子を見ながら
クラスを再開したいと思いますので
よろしくお願いいたします。

先日の妊婦健診では産科医の方に
「順調、順調」と何度も言っていただき

助産士さんにも
「よくここまで頑張りましたね」
と声をかけてもらって

何事もなく平穏に臨月を迎えることができたこと
当たり前だけど、ありがたいことで
よかったなぁ、とお腹を撫でながら嬉しくなりました。

RYT200講座終盤を迎えています

2016.01.15 diary

sendai_zoo_07

昨年10月からスタートした全米ヨガアライアンス認定RYT-200講師養成講座
終盤に入り、先日は「医学とヨガ」というテーマで講義をいただいている
高尾美穂先生の講座担当最終回でした。

イーク表参道にて普段は婦人科医、スポーツドクターとして
大活躍されている現役の臨床医の先生です。

そんな多忙な方に4回にわたって 
ヨガと女性の体、内分泌系、加齢、ストレスといった興味津々のテーマについて
最新のデータや研究結果を紐解きながらお話しいただき

これからのヨガ指導にとって
そして私たち自身の生き方にも役立つ
貴重な学びと気づきの機会となりました。

いろいろなお話が印象に残っているのですが

1)妊娠したいからヨガではなく
その前から運動習慣をつけよう!

2)更年期症状が継続的な運動で
72%の女性において改善!

について

特に1)に関しては運動習慣がある女性の割合は

20代女性で12.4%、
30歳代で15.9%、
プレ更年期の40代で19.0% と

すべての性別、年代の中で最も低いそう。

この世代の女性って、やること、やりたいこと、やるべきこと、
で多忙きわまりないですものね。

同時にこのゾーンで「美容・ダイエット」に興味をもっている人は
もちろんこれまた、ものすごく多くて

意識調査では、女性のやりたいスポーツには
「ヨガ・ピラティス」が上位に入って来る。

だとすると、やっぱりヨガができることって
たくさんあるんじゃないかなぁ、
そうそう、こんなに こんなに たくさんあるんだよ!という
インスピレーションを掻き立てるお話しでした。

ご自身でもヨガの指導をされている
多才でエネルギッシュでお茶目な美穂先生は

具体的なヨガのポーズや呼吸のもつ生理学的な意味についても
専門家ではない私たちがクラス指導の理解を深めやすいように
まだ科学的にはアンビバレントな部分も含めて講義してくれ

学ぶことの楽しさを刺激された
満足度の高い時間でした。

今回の講義について美穂先生がブログに書いてくれました ・・・ 

美穂先生とご一緒すると
写真家の中川正子さんが以前書いてらした
「もう愛しかいらないです」
っていう言葉が浮かびます。

いっぱいの情熱と愛を受け取って
息もつけない程の充実した学びの時間が
一区切りついてしまうのが寂しくて
何だか最後は目がうるうるしてしまいました。

RYT200_TTC_sml

先生、ありがとうございました!