2020.01.28(火) Hello! Anatomy  ヨガ解剖学WS

2019.11.25 workshop/ event

Maki先生WS_01

2020年1月には大阪から現役の理学療法士・ヨガ講師であるMaki先生を迎えて
「みずみずしい呼吸」をテーマにしたヨガ解剖学のワークショップを開催します。

数々のRYT200講座で解剖学を指導するMaki先生は現役の理学療法士であり
おおらかな人柄と笑顔、臨床経験に裏付けられた専門知識を通じて
私たちが自分の体というミラクルに親しむ学びの機会を提供してくれます。

基礎的な呼吸の生理学を学び、自らの呼吸のクセを理解しましょう。
そこから、より無理のない楽な呼吸へつなげるための
具体的なヨガの技法を、ハンズオンも交えながら学びます。

神経系を調節する呼吸システムと親しむことで、
イライラ・キリキリすることも多い日々の暮らしの中に(!)
いい感じの余裕を呼び込むヒントが見つかることでしょう。

ヨガ講師の方の継続学習の機会としてはもちろんですが、
セルフケアとしてのヨガを学びたいすべての方を歓迎します。

・託児はありませんが、お子様連れの参加もOK。
・何かしらの合理的配慮が必要な方も、できる範囲でサポートします。
・資料付き

・・・・・

以下、Maki先生からのコメントになります:

”呼吸が私たちが生きていく中でとても大切であることは明確ですね。
身体的には酸素を取り入れて二酸化炭素を排出する生命維持のための営みです。
しかし、ヨガや瞑想、呼吸法を実践されている方は気づいておられる通り、
それだけではない呼吸の効果があります。

心を落ち着かせること
パワーを出してくれること
身体の調子を整えてくれること

呼吸の心身、脳への健康効果は
科学的な研究からも効果があると実証されてきています。
今回はこの呼吸のBody-Mind-Spiritへの
多次元・多面的な働きかけを知っていきましょう。

まずは呼吸のしくみを解剖学的に知り、呼吸をしていることに気づき、
もし、全身に呼吸が行き渡っていないことに気づいたら、
ヨガのあらゆる方法を活用して呼吸を通すように試み、
全身に瑞々しい呼吸をあふれさせていきましょう。

呼吸は健やかな暮らしへのスイッチのようなものです。”

※ 必須図書は特に指定はしませんが横隔膜が記載された本をお持ちの方は
持参くださると、参考になると思います。

推薦図書
筋肉とアーサナをやさしく学ぶヨガアナトミー 
ジョアン・スタウガード=ジョーンズ

・・・・・・・

とき:2020年1月28日(火) 10:00-15:00(うち、一時間の休憩を含む)
ところ:表参道(申し込みいただいた方に詳細をお知らせします)
参加フィー:11,000円
(消費税込み・前払い制/領収書が必要な方は申し込み時にお知らせください)

キャンセルポリシー:7日前まで100%返金
3日前以降:50%返金
前日以降:返金不可

申し込み、お問い合わせは
info☆santosima.com(☆マークを@に変更ください)まで。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

Top Photo by Kanako Premma